今日の一言


20160312
天使が君に笑顔を贈った
もう、君は独りではない

20160313
時は止める事は不可能
だけど、時の流れを変えることは可能

20160314
君の歩く道のりがどんなに険しい茨城の道であっても、
きっと誰かが君の足跡をたどって歩くだろう

20160315
君の笑みは人を和ます力がある
それは、天から贈られた宝物、またそれは君の使命でもある

20160316
人は嫌なことは忘れ、楽しいことはいつまでも残っている
心は洗われるもので、汚されるものであってほしくない

20160318
君は誰かに影響を与えている、そして誰かが君に影響を与えている
人は全て相対的、共に支え合って生きる事、それが愛の有る人間の姿

20160319
君の涙は、君だけのものではない
君の笑顔も、君だけのものではない

20160320
君は旅人、時の流れに乗って旅する
君の夢を未来に託す旅人

20160321
君が誰かを好きになることは、苦しい事かもしれない
だけど、それは君が未来に幸せを呼び込む心の技なのかもしれない

20160322
春が来るたびに君は綺麗になる、、
だけど、、恋する君はもっともっと美しい

20160324
君の夢は誰のために咲くものではなく
君自身のために咲く

20160325
君が微笑むと闇が明るくなる、君の微笑みは明日を創る
君が主役なんだ

20160327
君の涙はこの世を潤す涙
君が微笑む時、世界は幸せになる

20160328
君が傷つけば、世界は傷を負う
だからこそ、君は幸せでいてほしい

20160329
小さな愛の花を繋ごう
雑草のように強くたくましく

20160330
君の夢を育てよう
燃えさかる、太陽のように、

20160331
君の優しさ
それは、きっと未来への扉なのかもしれない

20160401
君の喜びは、人々を幸せにする
君は独りではないんだ

20160402
未来は
きっと、君のために存在する

20160403
君の夢は
天から授かった道なのかもしれない

20160404
君はこの世でたった独りの存在
そして、たった一つの貴重な花である

20160405
こつこつと時間を刻みながら歩こう
君だけの時間がそこに有る

20160406
君の優しさは、この世の真珠
そして、未来を照らす魔法の光り

20160407
君の優しさには力が有る
それは、たぶん、優しさの本当の意味

20160408
君の存在、
それは、君だけのもので有って、君だけのものでは無い

20160409
君の時間は短いようで長い
回り道することは無駄ではなく大切な経験かもしれない

20160410
時は流される
それは君が明日を創る仕種のように

20160411
過去と未来は繋がっている
今日の君は明日への希望である

20160414
道は長い、夢は遠い
たとえ、君が道に迷っても誰かが支えてくれている

20160415
天は必ず見ている
君のことを、善も悪も

20160416
遠い、遠い夢
だけど、、君の優しさがそれを近づける

20160417
急ぐ必要はないんだ
君が存在する限り、夢は永遠

20160419
どんな苦痛でも試練でも、その陰には君の優しさがある
天は見守ってくれる、君に笑顔が戻るまで

20160420
この世に君が存在する事
それは、奇跡かもしれない、だから、君の尊厳がそこにある

20160421
君が君を見失しなわない限り
明日の笑顔に繋がる
20160422

君が誰かに笑みを与えれば
君も、誰かに笑みを貰う
20160423
君の苦しみや涙は君だけのものではない
人が皆、共有するものだ
20160424
君が一つ微笑めば、誰かも一つ微笑む、誰かが一つ微笑めば
また誰かが微笑む、それが優しさの連鎖反応
20160426
夢は君のために存在する
そして、君のために動くものだ
20160428
時は無情で冷たい
だけど、時に君の心が乗ると明日は優しくなる
20160429
現在の君の歩みは過去の分身
そして、未来への良き友である
20160502
君の夢は現在の喜び
そして、明日への活力となる
20160503
君が現在、どんなに苦しくても涙しようとも
未来はきっと君に微笑みかける
20160504
君の優しさは普遍
過去、現在、未来へと咲く花
20160505
君の存在そのものが、
未来への希望となる
20160507
君の痛みも、君の笑みも
人は、共有するものであって、君一人のものではない
20160508
君の喜びや幸せは
きっと、君の苦悩の中から湧き出る
20160509
君の歩みに対し、時の風は逆に吹くかもしれない
だけど、恐れず頑張ろう
20160510
君の痛みや苦しみそして涙
それは、明日の糧となるかもしれない
20160511
君の優しさは、君の宝物
そして私の宝物でもある
20160512
孤独とは、、君にとって闇かもしれない
だけど、、それは人を愛する力が有るからかもしれない


inserted by FC2 system